朝日ケ丘班美化作業・景観委員会の活動報告

 私たち北杜市高根町の行政班・朝日ヶ丘班の住民は、八ヶ岳南麓の豊かな自然の景観の中で、住んでいる人も訪れる人々も『心地よい環境』をテーマに、地域住民が主体となって取り組んでいる「景観維持向上・環境美化」活動を大切にしています。
 そして活動の中心を担うのが、牧場通り・フラワーラインをメインに幹線・枝線道路までの約5kmに及ぶ牧冊下での、草花を育てる景観植栽活動です。この活動は、年間を通して植栽から散水、下草刈り、清掃作業など、朝日ヶ丘班の住民が皆で協力し合い、定期的に行っています。

ここに住民達の活動の記録をドキュメントの形で残しました。下のリンクから一年分の活動を是非ご覧ください。そして清里高原を訪れた折りには大自然をここ牧場通りでゆったりとのんびりとお過ごしいただければ住民冥利に尽きます。
2008年度の朝日ケ丘班景観維持活動記録はこちらから
昨年からの冬、清里は久々の大雪でした。ここ二年雪が極端に少ない冬でした。しかし雪解け水が豊富な春植物達はきっと大喜びなことでしょう。花も農作物も元気な年になるといいですね。



  
2007年度の朝日ケ丘班景観維持活動記録はこちらから
暖冬のはずが春先の冷え込みにより富士山の農鳥は例年になく遅く現れ十年少々前の冷夏か?いやいやそんな心配はいずこへ。夏はしっかり暑くその煽りで秋の紅葉は八ケ岳南麓も十日前後遅くしかし紅葉は見事な色づきを見せてくれました。



  
2006年度の朝日ケ丘班景観維持活動記録はこちらから
年々温暖化の影響下、高原の夏は暑く、冬は暖冬に見舞われ二月には雪の代わりに雨が四回降りました。暖かい冬空のもと牧場通りの景観統一シンボル・牧柵の更新作業の二年目の作業が行われました。